男性

突然来る偏頭痛の痛みは漢方薬で完治できる

漢方

体質改善をしよう

偏頭痛を漢方で治す場合には、呉茱萸湯がおすすめです。手足が冷えている人や、体力があまりない人に良いと言われています。トリプタン製剤やNSAIDsと一緒に服用する事で、トリプタン製剤やNSAIDsの量を減らす事が出来ます。

頭痛

体に合わせて服用が必要

偏頭痛は漢方で治す方法もあります。主に使用されるのは呉茱萸湯と五苓散ですが、他も様々な種類があります。それぞれ特徴を把握して、目的に合わせたタイミングで使用できます。漢方は体質を改善する役割もあるので、体に合ったものを使用することで根本的な原因を治すことも可能です。

生薬

我慢するだけではなく

偏頭痛が辛いときには、ただ我慢するのはオススメできません。生薬由来の漢方薬であれば、体質を改善しながら偏頭痛の改善を目指すことができます。どのような漢方薬を使うべきなのか、まずは専門家のアドバイスを求めるのがオススメです。

痛みを緩和させる方法

家族

2つのタイプに分かれます

頭が痛いと感じた時、それが偏頭痛であるかどうか見分けることができない人も多いようです。偏頭痛とは、頭の片側にズキズキとした痛みを生じるタイプと頭全体が重く締め付けられるような痛みがあるタイプに分かれています。頭の片側だけに痛みが走る場合は、急激に血管が拡張することによって起こる痛みであり、逆に締め付けられるような痛みの場合は血流が悪いことによって起こるものです。特に、前者のタイプの人は吐き気や嘔吐を伴うこともあり、日常生活に影響が出てしまうこともあるでしょう。血管が急激に拡張されている為、冷やすことや締めつけることで血流を元に戻せば改善するのですが、一度痛みが出ると長引いてしまうこともよくある話です。またカフェインを摂取することも効果的と言われています。また、通常の頭痛薬などでは改善することができないことも多く、偏頭痛専用の鎮痛剤を飲む必要があります。また、偏頭痛の予防として漢方を用いることも多いでしょう。ただし、漢方薬を服薬しても効果が出るまでに時間がかかってしまいます。基本的に漢方薬は長期服用によって体質を改善する為のものですので、痛みが出ている時に飲んでも改善しないこともあるでしょう。ただし、鎮痛薬などを長期に渡って服薬するのは体にも良くありませんので、長い目で見るのであれば漢方薬がおすすめです。体質を改善して、突然の偏頭痛を予防していきましょう。また、日常生活の中でも頭痛に結び付くようなことを避けるのも必要です。