女性

突然来る偏頭痛の痛みは漢方薬で完治できる

体質改善をしよう

漢方

身体が冷えている人は

偏頭痛持ちの人は、市販薬で頭の痛みを取るのも良いですが、漢方で体質改善をするというのが、一番おすすめです。偏頭痛は特に、心臓の動きに伴って激しい痛みが起こりますので、一度痛くなると、辛くて横にならないといけないという人も、多いのではないでしょうか。偏頭痛に効果のある漢方は、呉茱萸湯(ごしゅゆとう)になります。呉茱萸湯は、手足の冷えや肩こり、そして偏頭痛を改善させる効果があると言われています。ですので、手足が冷えやすく、体力があまりないという人におすすめです。偏頭痛は、一度起こりますと、生活が困難になるほどの痛みを伴い、場合によっては吐き気を伴う事もありますので、気を付けなくてはいけません。特に冬などの寒い季節に起こりやすいという特徴もありますので、身体は冷やさないようにしなくてはいけません。呉茱萸湯を飲むときは、1日2回から3回に分けて、食事の前や食間に呑むようにしましょう。漢方の呉茱萸湯に用いられている生薬は、呉茱萸と大棗、人参と生姜です。偏頭痛の治療を行う場合、一般的にはトリプタン製剤やNSAIDsと呼ばれる種類の薬が処方されます。漢方薬の呉茱萸湯と一緒に使用する事で、トリプタン製剤やNSAIDsの回数を減らす事が可能です。あまりにも偏頭痛の症状が酷い場合には、一度病院に行って診察を受ける必要があります。体質改善をしなくてはいけない場合には、漢方をしっかりと服用するようにしましょう。